セラミック治療について

2019-09-30

こんにちは。

スタッフの和田です。

今回はセラミックについてお話します。

みなさんは歯科治療で使用するセラミックをご存知ですか?

セラミックとは、歯の治療をした際に歯にかぶせる被せもののことです。

虫歯の治療を行った後、治療した歯が銀歯になった経験がある人も多いと思いますが、その銀歯がより本来の歯に近い形になったものだと想像するとわかりやすいかも知れません。

セラミックでは、本物の歯と見分けがつかないほどの仕上がりになります。

セラミックという素材は、もともと焼き物に使われているものでそれを歯に応用してきれいな見た目の歯科治療を実現させました。

セラミックはいくつかの種類に分けられます。

セラミックの大きな特徴としては、やはりまず見た目が挙げられます。

本来の歯に近い色合いであるため、治療後も審美的な面を損ないません。

また、もう一つ特徴として挙げられるのは口内環境にも優しいという点です。具体的には、虫歯になりにくいことです。

銀歯の場合、どうしても歯との間に隙間ができやすく、そこから虫歯になりやすいのです。

また、汚れが付きやすいためベタベタしやすかったり、劣化が起こりやすいという点もあります。

しかし、セラミックは表面を一度コーティングし焼いているので汚れが付きにくく、口内環境も守れます。

ただし、保険適用ではないため費用の自己負担は銀歯よりも大きいです。

また、セラミックは天然歯のように水分、粘りがないため、歯ぎしりが激しい人は割れてしまう可能性もあります。

そのため、歯ぎしりがひどい人はマウスピースなどで歯を保護する必要があるでしょう。

☆セラミックの利点☆

・見た目が美しい
・変色しない
・虫歯になりにくい
・金属アレルギーでも使用できる

などが挙げられます。

私も数本銀歯が入っておりましたが、全てセラミックにやり替えました(^^)/

口腔内から銀歯がなくなって白い歯になると歯磨きもよりしっかりするようになりました(*^^*)

気分もすごく良くなりました(*^_^*)

セラミック治療をご検討の方はぜひ一度当院までご相談下さい♪

 


カテゴリー スタッフブログ