歯周病に気を付けて!

2019-09-29

こんにちは、スタッフの伊藤です!(^^)!

今回は歯周病についてお話しします!

みなさんは歯周病とはどんな病気か知っていますか?

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のことです。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が上手くできていないと、そこに多くの細菌が停滞しプラークの蓄積により歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

ただし痛みはほとんどの場合ないので、気づきにくいです。

そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

せっかくある歯を抜歯にしない為には、しっかりとした歯磨きが大切です!

ご自身の歯をより長持ちさせるために、毎日の歯磨きや歯医者さんでの定期健診を行いましょう!

気になる事があれば是非一度、当医院にご相談にいらしてください。


カテゴリー スタッフブログ