歯みがき中の出血

2016-08-30

こんにちは!

スタッフのY.Wです。
みなさまは歯磨き中の出血、気になったことはありませんか??

健康な歯ぐきであれば、ブラッシングなどの刺激によって出血することはあまり見られません。

では出血する原因は?
答えは、歯の周りに付着した歯垢(プラーク)や歯石などが溜まっているからです。

歯垢(プラーク)や「歯石」が溜まることで歯周病菌が繁殖することによって、歯ぐきは炎症を起こして腫れてしまいます。
よってわずかな刺激で出血するようになります。

実はコレ、歯周病の初期症状の一つである、歯肉炎の状態です。
この状態のままで放っておくと、歯周病が進行しやがて顎の骨が吸収され(痩せ)始め、歯がぐらつくようになったり、抜け落ちてしまったりします。

少しの出血も放置しておく、いずれ取り返しのつかないことになってしまいます。
日頃の歯磨きを見直して、まずは歯垢をしっかり取り除くことが大事ですね。
もし出血が見られたら、早めに歯科へ相談しましょう!


カテゴリー スタッフブログ