日本人の80%がかかっている!?

2013-05-31

東京都大田区京急蒲田の歯医者さん、はらだ歯科クリニック

こんばんは、受付のK.Iです。

歯周病と聞いても、自分は関係が無いと思っている人が多いのではないでしょうか。

歯を失う原因としては、虫歯よりも確率が高いのですが、興味を持っている人、感心のある人が少ないのが現状です。

実は、日本人の80%以上が歯周病にかかっていると言われており、その原因や予防対策などについて興味を持たなければなりません。

しかし、自覚症状が無いためになかなか身近に感じることが難しいことも確かです。 そのため、歯医者さんに行った時には手遅れになってしまっていることもあるのです。

歯周病とは、歯の周りにある歯周組織が歯周病菌に感染することで、歯茎(歯肉)が腫れたり、歯茎から出血したり、最終的には歯が抜けてしまう病気の事を言います。

歯周病菌は、歯石に含まれています。 歯周病は、自覚症状がないのですが、初期の段階では歯を磨く時に血がでるようになったり、歯茎に違和感を覚えたりするようになります。

この段階では、誰もが歯周病だと気づきません。 更に進行すると歯がグラグラしてくるのですが、この段階では手遅れになっていることも多いです。

自覚症状が無い中で、歯周病に気付くためには、日頃から予防をしておくことと、定期的な歯科検診を続けることが大切です。


カテゴリー スタッフブログ