左上4番インプラント一次埋入オペ

2018-11-13

こんばんは、スタッフの伊藤です(^^)

本日は、左上4番インプラントの一次埋入オペでした!

こちらはインプラントを打つ前のパノラマ写真です。写真は左右反転して見てください

今回の患者様は以前にもインプラントを打たれているので、リラックスした様子でした!

インプラントを打ったことで、これからは以前よりもしっかりと噛んだりすることが、出来るようになります。

しっかり噛めるとお食事も美味しくべることが出来ますね(*^_^*)!

当医院ではこのように、患者様一人一人に対してカウンセリングを行っています。

気になる方は是非、一度当医院にいらしてください。


カテゴリー クリニックブログ

左下6番インプラント1次オペ

2018-11-12

こんばんは、スタッフの齋藤です。

本日左下6番に、インプラントを埋入するオペが行われました。

こちらがオペの様子です。

今回のオペは、ネジの頭出しのオペ(2次オペ)をしなくてすむ、

1回法という技法で行いました。

こうすることで、歯茎を切開する回数を減らし、

患者様への負担も少なくすますことが出来ます。

 

インプラントやその他お口の中で気になることがありましたら、

お気軽に当院までご相談下さい!


カテゴリー クリニックブログ

右上6番インプラント一次オペ・GBR

2018-11-11

こんにちは!スタッフの安室です!

本日1件のインプラント一次オペ、GBRが行われました。

 

こちらがオペの様子です。

GBRとは、骨が薄い部分に骨を足す施術です!

ケースにもよりますが、インプラント埋入と同時に行うこともできます。

この後時間を置き、骨が再生されインプラントが骨に定着するのをを待ちます(*^^*)

他院で骨が薄い・足りないなどの理由でインプラントを断られてしまった方やインプラントに興味のある方は一度当院にご相談下さいね(^_-)-☆


カテゴリー クリニックブログ

左上サイナスリフト

2018-11-01

こんにちは。スタッフの和田です。

本日1件のサイナスリフトのオペが行われました。

SONY DSC

サイナスリフトとはサイナスリフトは骨の厚みが3mm以下の場合や、歯の欠損数が多い場合に行われる上顎洞挙上術です。

サイナスリフトを行うインプラント1次オペの基本的な流れは、

1上顎洞(歯が生えていた部分)の側面を切開し、骨窓を作る
2上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を露出させる
3歯槽骨と上顎洞粘膜を剥がす
4空洞ができた部分に、移植骨または人口骨を補てんする
5術後3ヶ月以上経過し、骨が形成されたらインプラントの埋入を行う

となります。

しかし、骨の状態によってはサイナスリフトと1次オペを同日に行うケースもあります。

当院では毎月多くのインプラント治療を行っております。

 

インプラント治療をご検討の方はぜひ一度当院にご相談下さい。

 


カテゴリー クリニックブログ

虫歯の再発予防

2018-10-30

こんにちは!スタッフの安室です。

今回は虫歯の再発予防についてお話します。

皆さんは治療したはずなのに、同じところの歯に

また治療が必要になってしまった経験はありませんか?

お口の環境を改善して病気の原因を減らさないと虫歯も歯周病も繰り返します。

そこで重要なのが定期的なメンテナンスです。

治したところを維持すると同時に新たなトラブルの進行を防止します。。

メンテナンスでは歯磨きだけでは残ってしまうしつこい虫歯や歯周病菌を

しっかりとかきだし減らします。

虫歯菌や歯周病菌の棲家であるプラークや歯石を取り除けば

病気のリスクを減らすことができます☺

これを何ヶ月がごとに定期的に行いリスク管理をすることで

トラブルの起こりにくいお口を長く維持することができます。

定期健診にしっかり通うことで健康な歯を維持していくことができるので、

5年後、10年後の歯のために今から気をつけて行きましょう(*^^*)


カテゴリー クリニックブログ

洗口液について

2018-10-30

こんにちは。受付の大竹です。

今日は、歯周病予防などに効果のある、洗口液についてお話したいと思います。

液体タイプのオーラルケア製品を選ぶときには、まずそれが、「洗口液」であるか、それとも「液体ハミガキ」であるかにご注意ください。

洗口液も液体ハミガキも、同じようなボトルに入っていて、ドラッグストアなどでは同じ棚に並んでいますので、この2つを混同して使っている方が意外に多いんです。

洗口液は、基本的には「歯みがきをしてから使う」、液体ハミガキは「使ってから歯みがきをする」というように、使う順番がまったく逆です。

洗口液には、殺菌成分のほかにも、歯ぐきの炎症を抑えたり、バイオフィルムの形成を抑制したりする成分が入っているものがあります。

洗口液をお選びになる際には、「歯ぐきの腫れを抑えたい」「口臭対策がしたい」など、ご自身が何のために洗口液を使うのかをはっきり意識しておくと、ピッタリのものが選びやすくなります。

洗口液は絶対に使用しないといけないもだとは言いませんが、歯みがきだけで細菌などを十分に除去することは不可能です。

歯ブラシ後には洗口液を用いて、できるだけ細菌を除去することが、良好な口腔環境を維持するために必要だと思います。

お口の状況は人により異なりますので、基本的には、その人のお口にあったものを歯科医院で選んでもらい、使いかたも教えてもらうのが一番です。

当院にもいくつかご用意もございますので、気になる方は、お気軽にご相談くださいね☆


カテゴリー クリニックブログ

感染症対策はじめましょう!

2018-10-29

こんにちは、スタッフの伊藤です(^^)

今回はこれからの季節に増えてくる風邪やインフルエンザにかかるリスクを減らすためにはどうしたらいいかお話しします!

お口の中にはたくさんの細菌がいます。実はこの細菌は虫歯以外にも、風邪やインフルエンザが体に入り込む手助けもしてしまうことがわかってきました。手洗い・うがい・予防接種などが一般的ですが、歯磨きもとても大事なんです!

お口の中の細菌は歯磨きをさぼることで、どんどん増えます。増えるとその細菌が風邪やインフルエンザの感染をサポートする毒素をたっぷりと出して、喉の粘膜悪影響をあたえ、その結果ウイルスの感染が促進されてしまうということです。

そうならない為にも日頃からのきちんとした歯磨きがかかせません!これから寒くなるのでしかっりを対策を始めましょう(^^)


カテゴリー クリニックブログ

口呼吸は歯並びにも影響する?

2018-10-29

こんにちは!スタッフの武藤です(^○^)

最近気になる記事を見つけたのでご紹介します!

通常人は口を閉じている際に舌は

上顎に軽く触れている状態で収まっています。

しかし口呼吸になり口が常に半開きになっていると

舌の位置が下がってしまい、歯に接触するようになり

歯並びの乱れに繋がるそうです。

顎の成長にも支障が出てくるので、

それによっても歯並びが悪くなる可能性が出てくるようです。

どうやら歯並びに関してだけだと歯を噛みあわせている状態で

口呼吸すれば問題無いのかもしれません。

ですが、口呼吸だと虫歯や歯周病のリスクも同時に高まります。

成長段階の子供のうちに、口呼吸をしていると歯並びにも影響する可能性が高いので

親御さんは、お子さんが鼻呼吸をしているか確認した方が良さそうですね(^_^)

 


カテゴリー クリニックブログ

矯正のお話

2018-10-28

こんにちは。スタッフの和田です。

今回は矯正についてお話したいと思います。

みなさんは矯正中、どのように歯が動いているかご存知ですか?

歯の下には歯槽骨(歯を支える骨)があり、歯と歯槽骨のあいだには互いを繋げる歯根膜があります。

じつはこの歯根膜のなかの「破骨細胞」と「骨芽細胞」のはたらきによって歯が動いているのです。

装置によって歯に力が加えられ、歯槽骨が押され続けると、圧迫された側では破骨細胞が歯槽骨を溶かしスペースを作ります。

そこへ歯が移動し、さらにその反対側の空いたスペースを埋めようと今度は骨芽細胞が骨を作ります。

このメカニズムを繰り返し、歯が動いていくというわけです。

ただし、矯正中はより一層、口腔内のケアをしっかりしていかないと、装置の隙間に食べかすがたまり、虫歯や歯周病になってしまう恐れがあります。

矯正中に歯周病が進行してしまうと、ふだんよりも歯槽骨が壊れやすく、歯を動かすどころか、グラグラになってしまうことがあります。

せっかくの矯正治療を水の泡にしないためにも、より丁寧なケアが大変重要なのです。

現在矯正中の方や、これから矯正を始める方も今現在の歯みがきの仕方を見直してみてはいかがでしょうか(*^^*)

いつもより少しでも丁寧に、を心がけるだけで、歯の寿命が格段に伸びる可能性は充分あります☆

1本でも多く、長く、健康な歯を維持するためのケアをぜひ今日からはじめてみてはいかがでしょうか\(^o^)/

 


カテゴリー クリニックブログ

右下6番インプラント埋入オペ

2018-10-24

こんにちは!スタッフの武藤です(^_-)-☆

本日1件のインプラント埋入オペがありましたのでご報告いたします。

こちらがオペの様子です。

初めてのインプラント治療でしたが、患者様もリラックスしている様子でした。

最後にレントゲンを撮影して確認します。

しっかりと埋入されていますね♪

インプラントが骨と定着したら被せ物を作っていきます。

他院では難しいと言われた症例でも、

当院ではインプラント治療を行うことが可能なケースもあります。

インプラントをお考えの方は是非一度当院までご相談下さい(*^^*)

 

 


カテゴリー クリニックブログ